Coach

コーチ紹介

渡辺 晶子

渡辺 晶子Akiko Watanabe

関西大学文学部卒業 株式会社リクルート(現リクルートホールディングス入社)
就職情報誌のマーケティング、リクナビ広報、大学生向けキャリア開発プログラム設計などを経て、リクルートマネジメントソリューションズに出向(のち転籍)。法人営業担当として大手企業の人材開発・組織開発に携わる。2015年に退職しコーチとして独立。経営者や個人事業主を対象としたコーチングから、大学でのキャリアカウンセリング、高校での総合的な学習の授業実施など、幅広く活動。米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ、GCDF-Japanキャリアカウンセラー、米国CRR ORSC(システムコーチ 応用コース)認定

専門分野
キャリア開発
人材育成
組織開発
主な実績
電力、電鉄、造船、食品、住宅、化粧品、広告、建設、製薬、通信関連サービス、繊維、電子部品メーカーほか、一部上場大手企業を中心とした法人各社の新入社員研修、マネジメント研修、次世代経営層育成や役員対象の研修など人材育成案件多数。また新卒採用、人事制度コンサルティングほか、人と組織を扱う様々なサービスを提供
コーチとして何を大事にしていますか?
悩み選択を迷う方から「どうしたらいいでしょうか?」と、答えを求められることがあります。あるいは「あなたならどうしますか?」と問われることがあります。けれど、問う人の中に既に答えはあると感じています。人には、あふれる「知恵の源泉」があって、大事な答えはそこからとり出すことができるはず。コーチングではその「源泉」にアクセスして、何かがぱっと開くような瞬間をクライアントと共に喜び、楽しむことを大事にしたいと思っています。
人と組織についてどんな思いを持っていますか?
お客様の組織をいくつも見てきましたが、私自身も色々な組織を体験しています。切磋琢磨し共に成長する組織で感じた充実感、共通の敵に向かって団結した組織でがむしゃらに働いていたことも。お互いあまり踏み込まず業績の上がらない組織もありました。私自身は同じ組織にいるメンバーへの思いが強く、逆に大きな影響も受けていたと思います。当たり前ですが組織とは人がつくるもの。そこにいる人の、「人と仕事への思い」がエネルギーを生み大きな力になる。そんな組織の真ん中にいる「人」にこれからも関わっていたいと思っています。
自分は何のコーチですか?
いま向き合うと決めたものに正面から対峙する人の味方となるコーチでありたいです。なんとかしたいと願って本気で向き合いあがくとき、見えない力が働きはじめて世界が変わり始める。そんなの、なんだか胡散臭い気がしていました。でも仕事でもプライベートでも何度かそんな経験をして、いま、本気で向き合うことがすべての変化の始まりなんだなと素直に感じています。そして私は、そんな始まりの地点に勇気を持って立とうとする人の「応援団コーチ」でありたいと思っています。

本当に良いコーチに巡り会えないという声。
エグゼクティブの方に応えきれていない問題を、私たちが解決していきます。