Coach

コーチ紹介

大和 直紀

大和 直紀Naoki Yamato

大阪市立大学経済学部卒業 株式会社リクルート(現リクルートホールディングス入社)
求人事業、起業家向け情報誌の営業、商品企画、制作に従事。リクルート代理店の営業責任者として出向を経験し、38歳でリクルートを早期定年退職。その後、ベンチャー企業の執行役員、一部上場企業の事業責任者を歴任。現在は、ベンチャー企業の取締役、兼、事業主として、人材開発のコンサルタント業務を行う。2016年からエグゼクティブ向けコーチングをスタート。2017年米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ

専門分野
営業戦略、マネジメント、コミュニケーションコンサルティング
事業責任者・管理職の人材開発、人材採用コンサルティング
主な実績
人材採用企業の営業・制作研修、フィンテック企業の営業コンサルティング、技術者派遣企業の採用支援、教育事業会社の人事制度設計・運用マネジメント
投資事業会社経営者、システム会社部長、農業経営者、コンサルティング会社経営者、人材採用支援会社役員向けエグゼクティブ・コーチング
コーチとして何を大事にしていますか?
人は可能性を最大に広げた時が一番輝いています。その人が毎日生き生き過ごせるよう、本来持っているまだ見えていない力を引き出すアプローチを心がけています。「コーチングは生涯のしごと」。年齢を重ねながらも現役でいるプロのドクターのようにいつまでも目の前のクライアントに向き合いたいと思っています。
人と組織についてどんな思いを持っていますか?
私が管理職になった当初、また、ボジションが上がる節目ではかなり苦しみました。心良く思わなかった人もいてストレスで悩みました。周囲から認められない上司を経験しショックを受けたことから、マネジメント、リーダーシップついて一から勉強。職場のすごい先輩からも学び、自分も実践を通していく中で、徐々に勘所を習得してきました。同じように困ったり悩んだりしているエグゼクティブの方の力になりたいと、今に至っています。
自分は何のコーチですか?
「休息コーチ」です。仕事中心だとmustばかりの人生。mustは意外と窮屈で、時にしんどくなります。そんな時は自分のwillを意識する。willは自分らしさそのもので、どんな環境でもワクワクできます。そんなきっかけづくりになる休息を考えてみる。どんな「休息」にしたいのか。考えてみるだけでもwillの発見と再確認になります。一歩立ち止まって、人生をもっと豊かに生きていく。そんな人生の見つめ直しはいかがでしょうか。

本当に良いコーチに巡り会えないという声。
エグゼクティブの方に応えきれていない問題を、私たちが解決していきます。