Keyword

人間関係の悩みとコーチング

職場では人間関係に悩みがつきものです。職場、上司、同僚、部下との関係で悩んだら、コーチングを受けると悩みから抜け出し、スッキリクリアになって前に動けるようになります。また自分がコーチングの考え方を取り入れると、人との悩みに解決の糸口が見えてきてます。

目次

人間関係の悩みとコーチング

人間の悩みは全て「対人関係(人間関係)」の悩みであると、心理学者アドラーは人の悩みをこのように言い切っています。会社のことが悩みのタネになり、仕事がつまらなくなってきたり、転職したくなったり、辞めたくなった人に、その理由を聞いてみると、最初は、仕事そのものや、お客さん、会社の環境といったことが出てきます。そこで、もっと聞き出してみるとたいていの場合、いきつく先は上司や同僚、部下の誰かとの人間関係がうまく行ってないことになっているのです。気付かないうちに、人間関係に疲れ果て、原因や解決策も見つからず、もんもんとした毎日になってしまっているのです。
コーチングでは、そんな悩みをすっきりクリアに解消します。人間関係の悩みが一体どんなところから出発して、なぜそういった悩みに発展するのか。今後自分はどうしていきたいかについて、ゆっくり頭の中を整理していきます。
同じ悩んでエネルギーを使うのら、もっと健全な仕事の方にエネルギーを使い自身を生かした方が、自分にとってまた会社とっても社会にとってプラスになるはず。コーチングでは、そんな職場の人間関係を修復するきっかけを見つけることができるのです。

1.職場の人間関係を良くするコーチング

「なぜあの人は機嫌悪くしたんだろう」「彼をに褒めても喜ばないなあ」「あの人が言っていることは確かだけど、自分はまったく気にならなかった」「A上司は苦手、B上司はふつう」。職場で人と関わる中でこんなことはありませんか。
言ってしまえば「自分と他人はタイプが違う」から発生する現象ということ。自分が喜んだり怒ったり楽しめることは、他も人も同じなのでは、と都合のいいように自分が錯覚しているから起こってしまうのです。
いい悪いではなく、人による考え方や、価値観、志向の違いは、まったく別にあると考えておいた方がいいのです。この前提に立てば、誰かの発言は、自分とは少し違うものだとを認めることができます。そうすれば気が楽になり、違いを認めることができれば、人との距離感を(マイナスでなく)一定に保つことができるようになり「へーそーなのですね」「それもありですね」と思える、気持ちの持ちようが変わるようになるのです。
コーチングを受けることで、互いの違いやどう職場で人間関係を良くするのか、自分では見えなかったことがクリアになっていきます。「え。そんなことでもやもやしていたのか」とスッキリしたり、意外と「すぐ解消できました」と2、3ヶ月悩んだことがクリアに整理できるものでなのす。

1ー1.人間関係を良くする①:自分を知る

職場での悩みは、相手がいて自分との関係性がぎくしゃくしたり、距離感があったり、その人に何をいっても聞いてくれなかったり、また無視されたりと、状況は様々です。大したことはないといっても、家に帰ってもどこかで気にしていたり、ときに寝付けないこともあります。
そんなときには相手の行動や言動を気にするより、まずは自分のこと知ることから始めるのが良いでしょう。相手のことはわかりにくい。なら自分のことはまだわかりやすい、ということです。
といっても知っているようで案外わかっていないのが自分の気持ち、自分はこれからどうしたいかということ。そんなときに役立つのがプロからのコーチングです。
コーチングではそのときどきに適切な「問い」をコーチから発せられ、それに答えていくだけでなのですが、もやもやしたものが、スッキリクリアになっていきます。「あ、そういうことだったんだ」「自分はそうしたかったんだ」って、知っているつもりになったまま、そこで止まっていたことも一気にスーッと見えていきます。ちょうど霧の中から光が見えて、先に進むと、きれいな景色が見えてくるようなそんな感覚。まずは自分を知ることから悩み解決のきっかけづくりをしてください。

1ー2.人間関係を良くする②:ゴールをイメージする

コーチングでは、コーチングで話をしたい「テーマ」(と言います)や、話終わった後にどんな状態になっていたいか、今後どのような未来にしたいかのゴールを話し合うことから始めます。
ゴールを話すことで、問題が何だったのか、実は悩むに足りないことだったり、整理できることがあります。また解決のシナリオも、ストーリーとして自分の進みたい段取りが見えてくるものです。
コーチの「問い」に身を委ね答えていくだけで、人間関係のもつれや、何が気になっていたのか、そもそも職場でどうありたいのかの道筋が見えてきたりするのです。

1ー3.人間関係を良くする③:価値観を理解する

なぜ職場で人間関係が良くないのか。自分はどこが気になっているのか。誰の何が嫌なのか、そんなことを話をするだけで、自分が大切にしている価値観が見えてきます。
そこに自分のいる心地よいスペース(ゾーン)があるとすれば、その中に相手が触れてきたり、侵食してきたり、壊してきそうだから、そうした行為の防御反応として、相手に対する感情が出てしまい、良くない方向に進んでしまうのです。
その一方で、相手が何を大切にしているのか、なぜ自分と合わないのかも、話をすることで見えなかったことが見えてきたりします。また、相手を良く知らないだけで、まずは話をしないと始まらないといったことに気付けたりします。
自分は何を大切にしているのか。相手はどうなのか。まずはそういったことをコーチングの「問い」をコーチは立て、コーチングを受ける人は、フラットに思いを身体の中から外に吐き出すことからはじめるのです。

1ー4.人間関係を良くする④:進み方、行動計画を立てる

職場の人間関係を良くするだけだとなかなか前に進みません。かといって、こじれた糸はすぐに解けるもではなく段階的に進まないとうまくいくこともうまくいきません。
ときに数日で解決することもありますが、人と人との関係性の修復、土台作りから始める必要もあって、半年間かけてじっくりコーチングに取り組むことでやっと見えてくることもあるくらい簡単なことではありません。
また、自分がどういったペースでどんなやり方でやっていきたいかそこも大事です。ビジネスっぽくなりますが、計画することでその先将来の段取り、ロードマップがクリアになっていきますからいったん進み方を考えることも大切なのです。嫌なら変えれば良いだけ。気にせすにいくつか考えることから始めるのがいいでしょう。

1ー5.人間関係を良くする⑤:事前に進まない理由を考えてみる

それでも進まないのは、自分を引き留める何かがあるからです。できているのならもうすでにやっていたはず。だけど、できなかったから今の職場での人間関係の悩みになっているのです。
だとしたら、そこに何があるのか。たとえるなら、自身のプライドや、恥ずかしさ、できなかった時の恐れ。また、怠慢、逃避。いろいろあるものです。
自分を俯瞰してみて、どういう自分が今後も顔を覗かせる可能性があるのか、どういう自分なら前に進められるのか。コーチングを通じて自分の内面に入りながらイマジネーションを膨らませ、行動を引き留める何かが出てきたときはどう対処していくのか。そんなこともコーチングの重要なステップなのです。

1ー6.人間関係を良くする⑥:進経験学習をする

やってみて、うまくいったか、いかなかったか。両方あります。そのときに、なにが今までとは違って良くてうまくいったのか。できなかったときは、なにが出てきたからうまくいかなかったのか。やってみた経験を通じて自分自身の良さを見つけ、今後に生かし続けるコツを見出すのもコーチングの大切なプロセスです。
職場の人間関係の悩みに、漠然と対処するよりも、次に同じような出来事や相手が現れたときに対処がわかっていることは自分にとって心強いこと。コーチングでは、自分の強みとこれからに向けても話をすることで、過去の自分より一回り成長して変化した自分に出会えることになるのです。

2.相手のタイプを知るコーチング

働く人はおよそ4つのソーシャルタイプに分類されるといわれています。もちろん人のことですので、一概にはいえず違うこともありますが、大雑把にどんなタイプの人がいるのかを知っておくのは、人間関係の悩みがあるときに解決のきっかけが見つかったりするものでとても役立ちます。
タイプがわかれば、相手が自分になぜそんな行動をとるのか、そんな発言をするのか。相手の心の内で、何を大切にしているのか、少しはわかってくるというものですね。
では、どんなタイプがあるのか。4つのソーシャルタイプとは。自分はどこタイプなのか。他の人はどのタイプか。相手との関係やコミュニケーションの取り方が少しは変わってくるきっかけが見えてくるかもしれません。

2ー1.コントローラー・ドライブタイプを知る

冷静で、現実的で、行動的感情の特性を持っている方です。
仕事で好むスタイルは、自己裁量や定量目標を掲げること。またナンバー1や社会的影響力を持つのが好きです。ボスタイプはここに当てはまります。刺激的な人/競争風土を好み、結果の評価/実力主義が価値観です。このタイプの下で働く人は、いつも走らされ、とにかく競争やランキングが好きな職場になりがちです。

2ー2.アナライザータイプを知る

几帳面で、慎重で、論理的感情の特性を持っている方です。
専門性や特殊性を好み、他の誰にもできないことに打ち込みます。合理的な風土や、評価・仕事環境を好みますので、部下がこのアナライザータイプで、上司の評価が仮に曖昧だと、部下本人は納得せず、相応の理由を求めてきます。
プロフェッショナルなことに価値を持ち、ロジカルな仕事をアサインしたり、またスキルの形成をしたり、キャリア形成の段階的なステップを好みます。何にするにも勢いに任せるのではなく、しっかり理由が必要になってきます。コントローラータイプの上司が、気合で目標達成を求めてくるとアナライザータイプの部下はウザいと思ってしまいます。

2ー3.プロモーター・クリエイトタイプを知る

陽気で、明るく、感覚的な感情の特性を持っている方です。
創造性・ユニークさを求めます。ナンバー1であることになびきませんが、オンリー1であることを求めています。
他の人と同じような型にはめた行動をこのタイプに強いると、うまく動いてくれません。そこに工夫や個性を入れる余地があるのか、多様性の受容を求めてきます。
個性があると思われたい欲求が強く、どれだけそこに独特感があるか、他の人とは違った個性を受け入れられ、自分なりの個性を発揮できる職場なのかを求めています。「あなただからできたんだね」の言葉を待っている人です。

2ー4.ボランティア・サポータータイプを知る

控え目で、愛想よく、周囲に協力的な感情の特性を持っている方です。
人に対する貢献感やチームワークを高い価値と置いて、働くチームへの期待と逆に感謝を、自分にも他人にも求めます。
何よりありがとうの言葉を、気付かないうちに相手側に求めていたり、人から頼られ感がある場所に居心地の良さを感じます。コミュニケーションが開放的で、プライベートにも気にせず入ってきますが、本人は「相手のため」を本気で考えていますので、それが誰かの気になるとは思っていません。
評価の場面では、評価そのものはもちろん、そこにフィードバックの丁寧さや、ねぎらいの言葉がどれほどあるかを見ています。貢献感を発揮したいので、しっかりとした教育(制度)があるかを気にしています。

3.職場の人間関係に役立つコーチング

コーチングをする上で、コーチはクライアント(といいます:コーチングを受ける人)と信頼関係を築くことからはじめます。クライアントがコーチに何かの話を持ち出すときに、そこに安心安全で信頼関係がある場でないと、すべてを曝け出して、自分の弱さや悩みを打ち明けることはできません。
何でも話をする際に、コーチがどんな人なのかはもちろん、なぜコーチがコーチングをしているのか。クライアントとどう向き合い、これからどうしたいのか。そんな価値観や、志向、考えをコーチがクライアントに伝えることで、少しずつ信頼関係が生まれてくるのです。
コーチングスタートする時はクライアントは緊張する場面からはじまるものですが、プロコーチは、その場の空気を感じ、流れをスムーズに作り出し、川の流れるままのように、クライアントをゆったりコーチングの場面に導いていくのです。
コーチとクライアントと同じように、働く職場でも、例えば上司と部下の関係において信頼関係の構築は、必要最低限の関係といえます。1on1ミーティングでコーチングを取り入れて上司が部下に対話をする時には、人となりを知ることからはじめて少しづつ信頼関係をつくることが大切なのです。

3ー1.挨拶と雑談

挨拶や、特にリモートでは難しくなっている、雑談を推奨します。挨拶は、相手の存在を認識している証拠。もちろん気持ちの良いものなので、習慣でやっているものですが、人はそもそも動物的本能として、敵なのか味方なのかをまずは感じ取ろうとする生き物です。「あなたに危害を加えませんよ」と味方という合図をお互いに出すという意味を、挨拶という行為は持っているのです。
一方で雑談についてですが、「情報」だけのコミュニケーションはそれ以上の空間・時間的な広がりがありませんが、「雑談」は見知らぬ人同士の「心理的な距離」を取り去るという機能を持っているのです。挨拶以上に情報量が多く、敵なのか味方なのかを雑談を通じて推し量ることができるからです。
お互いの話の中身、声のトーンや、言葉遣い、また表情や、身振り手振りを人は五感をフル稼働させ感じ取りながら、その雑談から人は相手の基本的なことを理解し始める。その上で、一緒に働く職場の中において、相手との共感の接点を見つけ出し、味方であろうとする力学を、人と人とが自然に働かせているのです。

3ー2.お互いの価値観を知っておく

ビジネスでは情報のやり取りをするのですが、情報に乗っかってくる感情を疎かにすることはできません。
感情は、人それぞれ、ものごとや対象に対する気持ちのこと。喜び、嬉しさ、悲しみ、怒り、諦め、嫌悪、恐怖といったものになります。
職場の人間関係では、嬉しいというプラスのポイント、嫌だというマイナスのポイントを最低限に知っておくと、相手をわかった上でのコミュニケーションができるのです。「実はあの人のこと知らないまま、数年間過ごしてきた」ということもあります。夫婦の関係では、夫婦喧嘩や二人の経験を通してなんとなくわかってきますが、職場の人間関係ではそうはいきませんからまずはざっくばらんに価値観の話を聞く、伝えるをしてみてください。

3ー3.上司の価値観を知る

上司の マネジメント スタイルについて知っておくことは、部下にとれば職場での心理的な安全性に関わってきますので聞いておいてください。
例えば、 目標に対する考え、報告、相談についての内容、頻度 ・ コミュニケーションの取り方、 現状の課題、優先順位の認識、達成シナリオに関する考え、チーム・個人への関わりスタイル。
これらを知るだけで、なぜ上司が「ああいうことを言うのか」「なぜ自分に厳しいのか」かが見えてきます。わからないままだと、部下にとっては生きづらい職場になる恐れがあります。

3ー4.部下の価値観を知る

部下の will can mustを知っておくことは、上司のマネジメント上ではもはや当然といえます。特に部下のwillを知らないと、コミュニケーションの取り方がうまくいかずマネジメントがうまく機能しません。そうなれば、上司の責任である組織の業績にも繋がりません。
例えば、部下のキャリア、ポジション、役割(過去ー現在ー未来)、 熱量入るやりがい業務(どんな業務をやってる時) 、 強み発揮スタイル(どんなやり方でやる時)を知るだけで、仕事のアサインの仕方、褒めどころ、引き出しポイントもわかり、スムーズはコミュニケーションが取れるはずです。
わからないままだと、部下から「あなたに付いていきたい人は誰もいません。もっとマネジメントを学んだ方がいいですよ」なんて思いもよらないことを言われかねません。

4.コーチングで職場の人間関係が良くなる

職場の人間関係解決のために、自分も相手との関係でコーチングのアプローチやスキルを使ってみることも一つの手です。コーチングは相手のことを深く、本心を知ることができるので、表面的な対処の解決ではない、本当の意味での解決につながることが多いのです。
ただ、スキルをテクニックのように使うとすぐに見透かされますので、普段の会話の中で、それとなく、コーチングアプローチを使うのが良いでしょう。プロコーチとクライアントのコーチングの関係で、クライアントの人がコーチの「問い」に導かれて、すーっと話を始めるようになるのようにしてください。もちろん職場の1on1ミーティングにおいてはもちろん、相手が上司、同僚、部下の誰とでも可能なコミュニケーションスタイルです。

4ー1.コーチングアプローチ①:傾聴する

傾聴のスキルを使って、職場の相手との距離を縮めてみてください。
コーチングでは相手の言葉を聞いているだけでなく、実は背後にある思いに耳を傾け、思いを感じることまでを含めてを傾聴といいます。
言葉に表われてこない、願いや思い、感情に触れるよう心で聴いてみると、なぜそういう行動、言動を相手が出したのかが見えてきます。
そこには今までの生き方や仕事感、人生感や価値観まで出てくるかもしれません。傾聴は、普段の会話より深いレベルで心の中を聴く行為、そこから相手の本意を知ることができるのです。

4ー2.コーチングアプローチ②:質問する

質問は拡大質問とも言いますが、質問を投げかけ答えてもらうことで相手の視点や考え方を広げ、本人に気づきが促されることが第一の目的にあります。よってYes,Noで簡単に答えが終わることはありません。
相手へも立ち止まってじっくり考えて答えを出してもらうのがコーチングの「質問」なのです。
「問い」という言葉に近いと捉えるのがいいかも知れません。そこで何を考え思って、その判断をしたのか。背後にある思いは何なのかを聞いてみることといえます。
つまり相手の価値観を引き出しているかどうか。拡大質問のスキルのやり方はYes、Noで答えが終わる限定質問ではありません。必ず相手に意見を求め、思いや解釈、基準を引き出すことにあります。

4ー3.コーチングアプローチ③:認知する

認知は相手への「人となり」や価値観を肯定的に認め伝えることにあります。
相手が「大切にしていること」を他の人が認識し、共感すると、相手は、自己肯定感が高まって前に進むことができます。上司であれ部下であれ、その人の発した言葉に好奇心を持ち関心を持って、うなづき、理解を深めようすると相手は決して嫌な気持ちにはならないはずです。
むしろ相手は自分の存在価値に気づき自己肯定感を高めることになり、モチベーションが上がっていくはずです。これらのプロセスを増やしていけば、職場での人間関係は肯定的になるはずです。

本当に良いコーチに巡り会えないという声。
エグゼクティブの方に応えきれていない問題を、私たちが解決していきます。