Keyword

コーチングを受けたい人向け〜コーチングの価値を10倍得るためにやっておきたいこと〜

コーチングを受ける人にとって、せっかく受けるコーチングの価値を10倍にするにはどんなことを気にしてコーチングを受けるといいかを解説します。

コーチングをオンラインで受けるには、はじめての場合は無料のセッションがあったりしますので、気軽にコーチングを受けることができます。

そうやって初コーチングに触れてもらうことはコーチにとって大歓迎なのですが、せっかくですので、コーチングを受ける人が、価値をよりいっそう高めることも可能です。

まずは、おすすめのコーチングサービスの選び方や、対面かオンラインについて、またコーチの選び方やコーチングの金額料金について、そして最初は何から始めるのかのステップ、またコーチングの受ける人の心がまえについて参考までにお伝えしておきます。

目次

1. コーチングを受けるには?おすすめのコーチングサービスの選び方

自分に合ったコーチングサービスに出会うには、まずはネットで検索している人が多いと思いますので、どういう風にコーチを選ぶのがいいか。コーチングを受けるまでの流れを順番に解説していきます。

1ー1.コーチングがオンラインか対面かを選ぶ

最近は世の中のご時世や、コーチングを手軽に受けたい人が増えていますのでZoomを用いてオンラインのセッションが主流となっています。

もちろん対面でのコーチングも用意されているサービスや(ペイサーの場合:東京、横浜、京都、大阪で受けることは可能)、さらにオンラインと対面をを織り交ぜてハイブリッド型を取り入れているケースもあります。

おススメははじめてコーチングを受ける場合にまった知らない人といきなりオンラインコーチングをスタートするのは緊張しますので、初回はコーチと受ける人(=クライアントといいます)がお互いの「人となり」をある程度わかることを目的に「対面」でセッションをするといいでしょう。

いわゆるお互いの信頼関係や協働関係を高めておくことがコーチングをするうえで大事になるのですが、その目的のために対面でやってみるということです。

場所は静かなカフェやレンタル会議室、喫茶コーナーがあるホテルのラウンジが候補です。2回目以降はオンラインという流れです。
(こういった世の中の制限下ですので対面でセッションをするかどうかは今は慎重に)

対面かオンラインでのコーチングかは、事前にコーチング会社やコーチに連絡してみて確認できますしコーチ側がナビゲートしてくれたりもします。クライアント側もオンラインか対面のどちらを希望したいか、遠慮なく相談してみることをオススメします。

1ー2.所属しているコーチの特徴をチェックする

コーチングを受ける上で「コーチ」の選び方にはぜひ慎重にしてください。「コーチングの資格を持っている人は一定のスキルがある」と思っても意外とその差は雲泥の差があると思ってください。

そもそもコーチングの資格は民間資格ですので、研修会社が乱立しており、研修体系はその会社独自のものです。ある程度の質は担保されていると思いますが、資格のコースによって初歩、基本、応用、プロと段階が分かれていますので、コーチングの資格がどの程度のなのかは実際にコーチングを受けるまでわからないのです。

たとえば、コーチはコーチングを受けるクライアントに「問い」をかけ続けるのですが、その時に適切な「問い」を立て、クライアントに深い内省や熟考をさせることができるレベルの方かどうか。

セッションで話が展開するその瞬時瞬間を捉えて、頭をフル回転し、スキルや知識を総動員し、使い切れるがポイントになるからです。

内省を起こす上では、コーチ側にある程度の、知見やフレームが備わっていないと単なる質問にしか過ぎず、クライアントに深い「気付き」をもたらすことが不可能なのです。

よって、コーチ選びは、コーチの経歴、コーチングの実績や得意分野を確かめて、「問い」と「気付き」への引き出しが多そうかどうか。
また自分にとって、近しい領域に知見を持っているかをコーチ選びのポイントにしてください。

1ー3.コーチングの金額を確認する

コーチングの料金は1時間あたり5,000円から3万円です。経営者・エグゼクティブ対象のコーチングでは相場は3万円から5万円以上といったところです。

エグゼクティブコーチングはそれだけテーマに複雑性があり「問い」を立てる一定の力が必要です。合わせて、経営者の方と対峙して「気付き」や「自己整理」を促す息遣いを合わせる力量を持ち合わせていないと、経営者のストレスになって、良いコーチングの場を提供できてないことになりかねません。

また、1万円未満のコーチは傾向としてまだ練習段階のデビューまもないコーチか、本職が別にあってちょこっと副業でやっている方になります。他に居場所がありますからコーチングは片手間にならざるを得ません。

コーチングの資格取得者は昨今のコーチング資格獲得熱もあいまって毎年数千名の方が参加しています。よってビギナーコーチは比較的安価にコーチングを提供して練習の機会を得ていると考えてもらって構いません。

一方、コーチングの資格取得に向けて100時間以上の有料セッションを資格条件にしている研修会社があるのですがそうなるとコーチング実施の時間稼ぎをしないといけません。ある意味実験台としてコーチングサービスを安価に提供している実態もあるのです。

資格取得中のコーチの方はコーチングサービスとしては、まだ見習いレベルですので、クライアントは十分ケアしてください。せっかく時間とコストをかけても「1回でもういいや」となるかもしれません。

コーチのためのコーチングであってはいけません。あくまで主役はクライアント、ご自身なのですから。

本気で自分の人生を考えたい、コーチングに出会ってみたいとお考えなら1時間2万円以上をひとつの目安に考えてみてください。
各社のサービス内容、特徴と料金のバランスを考えて、コーチングを受けることをおススメします。

ペイサーの料金ページ

1ー4.初回コーチングに無料カウンセリング(面談)があるなら受けておく

コーチングサービス提供会社の特徴と料金、流れを確認したあとでも、「コーチングって自分に合うかまだよくわからない」「なんだかハードルが高そう」という思う人がいるかもしれません。そんな時は、まずは無料でカウンセリングを受けることをお勧めします。

今ある疑問や、自分に合うのか、どんな効果があるのか、いままでどんな人が受けてきたのか、自分と同じような悩みがあった人はいたのか。いろんな不明点、クリアにしたいことがあると思いますので、ぜひカウンセリングを受けてみてください。

無料カウンセリングのその場は安心してなんでも聞けますし、(ペイサーの場合)そこで営業活動をされることはいっさいないですから、聞いてみて合うかどかを確認してみてはいかがでしょう。まずは無料カウンセリングをきっかけにコーチングを今後受けるかを考えてみてもいいかもしれません。

参考:無料オンラインカウンセリング(面談)

2.コーチングを受ける側が事前にしておくといい準備

 1.コーチングのテーマ(もやもや、すっきりしたいこと)を紙に書いておく
 2.終わった後にどうなっていたいかを書いておく
 3.コーチの実績や得意分野、興味関心どころが自分にフィットするかを聞いておく

ざっくりこれが事前にすべき準備です。詳しく解説します

コーチングを受ける時には、前もって特に準備をしなくていいのですが、より深く価値のある時間にしたい場合は以下の準備をすることをおすすめします。

2−1.コーチングのテーマを決めて紙に書き出しておく

テーマとは、コーチングをする時の主題になります。コーチはこのテーマについて問いを立て、深く入り込めるようクライアントを導くので、何かしらのお題を事前にテーブルの上に置いておくといいでしょう。

テーマの設定ですが、クライアントは今頭の中でもやもやしていること、頭の中で気になってふと考えてしまうこと、引っかかることや整理したいことになります。

ただ、このテーマなのですが、クリアに見えるものではなく言語化しにくいものだったりしますので、その場合は気になるテーマの周辺事情からコーチにつらつら話をすることからはじめてもらって構いません。

言葉はまとまっていなくても心配はいりません。コーチがうまく引き出してくれるのでクライアントは「問い」に答えていくだけで、逆に何を話したかったか、どのポイントが核心なのか、全体像や具体的なことまでみるみるクリアになっていきます。

事前に準備するとなぜいかといいますと、自分の頭の中でいま一度主題について冷静な状態で捉えられるからです。
ある程度の整理ができて、その上でコーチングを受けるステップを踏めば、より深くスピーディーに整理できるようになるのです。

限られた時間の中で、自己解像度が高まりスッキリクリアになって思考から行動へのきっかけ、次の自分へのチャレンジを決めることができるのです。

といっても事前の準備は強制ではありません。準備なしで今気になることを口に出しながらコーチングをスタートさせる方も当然いらっしゃいますので、スタイルは気にせずに。
あくまで自分に合った無理しないやり方でコーチングセッションに身を委ねてください。

2−2.コーチングが終わった時どうなったら嬉しいか書いておく

コーチングのテーマとともに、コーチングのゴールをイメージしておくこともコーチングの準備としておススメしておきます。

ゴールのイメージは、次に向けてスタートする動機になります。特に行動につながるチャンスになるもので、どの段階まで、どのレベルまで、どういった状態になることをゴールとしたいか。

コーチとクライアントのお互いがゴールのイメージができると、セッションをそこに向かうように動き協働関係がより深まるメリットがもたらされることにもなるのです。

ただ、これは実際のコーチングセッションに任せても構いません。このあたりのゴールが見えてこないからこそコーチングを受けることもありますので、自分で確認することはとても難しいことでもありますからできなくても心配はいりません。

ほんの少しだけ、ゴールイメージを持っておくと、コーチングセッションがスムーズにいき、クライアントの本質的な心の変化につながる第一歩が見つけやすくなるのです。

2−3.コーチの実績や得意分野、興味関心どころが自分にフィットするかを聞いておく

コーチング受けるには、コーチのことを事前に調べておくことをおススメします。たとえば経営者向けのコーチングであれば、コーチが経営にある程度知見がないと、正しい「問い」は立てられません。

「クライアントが気にしていること」やまだ見えていない「空白にアクセス」するには、コーチの力量もある程度必要ということです。

マネジメントやリーダーシップについてのコーチングのテーマがある場合は、コーチ自身にその経験があることは必須です。「コーチはどんな方もコーチングできる」とコーチングの世界では言われますがそうとは言えません。

その世界に知見や経験のない人からの「問い」は極めて薄い内容になり、クライアントに深い「気付き」や「思考の整理」に届かない場合もあって、クライアントの変化に向けたアクションに至らないケースもあるのです。

あなたが受けたいコーチには、あなたが今もやもやしているテーマや領域についてどの程度知識や経験、興味・関心があるのか。
事前にチェックしておくことは前提にしておくといいでしょう。もたらされる効果の違いに差が出てしまいますので、そこは妥協せず慎重に選んでみてください。

3.コーチングを受けた人の感想

3−1.Sさん(30代会社員/上場ベンチャー、戦略コンサル出身、執行ミッション担当)

コーチングはかれこれ2年前に受けて、それ以降、継続して月1回、自己確認の場に使わせてもらっています。コーチングを受けるきっかけは、「自分のキャリアを明確にするお手伝いしてもらいたい」というそんなところからと記憶しています。

「いいとは聞いているけど実際よくわからなかった」コーチングについては、何度か事前にメールでやりとりした後、オンライン面談でじっくり話す機会をもらい、質問も投げかけさせてもらって不安の解消ができました。

そうですね、コーチングって、今の自分の位置を客観的に見通せる唯一の手段と思います。しかも誰かからの押し付けでなく、自分で自分の意志を確かめられるのがいいですね。あと、今の自分がどんな状態なのか「自己確認」ができるのは大きいです。自分で自分のことがわかるなんてほとんど無理ですからね。

深みにはまっているのか、浅いところにいるのか。自分では気付かないところをコーチ手伝って、クリアになっていきます。クリアになると、優先順位や今の自分の気持ちも見えてきて、一気にスピード感が上がって前進できるところがコーチング良さと思っています。

もうゼッタイいいですよ。コーチングを受けている人だけ、知らないうちに、どんどん前に進んで、自分らしい人生をもっと送ることができる、そんな変化を無理せず自然体で味わうことができるのですから。

コストは自分への投資。継続しているのは投資効果が確実にあると気付けたからです。安くないコーチングの費用は金銭では計り知れない、自己成長と精神上の満足度にたっぷり返ってきています。
つまりはリターンと手応えが見込める回収はとっくにできていますね。

詳しくは、「利用者の声」としてまとめていますので参考にしてください(本人希望で名前はイニシャル化しています)
「利用者の声」

4.コーチングを受ける人がコーチングを受けたいと思った理由・動機

参考までに、当社のお客様が「コーチングを受けたい」と思った理由や動機でよくあるものをまとめました(ペイサー調べ)。

  • 「本当にやりたいこと」や「キャリア」を見つけたいため:個人軸
  • ビジネスマンの管理職に多い「部下の育成」や「事業・組織」について:マネジメント軸
  • 今後の事業、組織、理念、ビジョンについて:経営者軸。

プライベートのこともありますが、主には仕事にまつわるテーマについてのセッションを希望される場合が多いです。

コーチングを受けるきっかけは、いわば「自分の強みを見出し無理なく発揮し」「霧の中からスッキリクリア抜け出したい」ということに集約されます。

詳しくは下記の記事でまとめていますのでご参考にしてください。
コーチングを知る

5.はじめてのコーチングを受けるなら

「コーチングを受ける」について解説してきました。

コーチングを受けたい人が、受ける前に何をしておくといいのか。コーチングを受けたい人は、なぜ受けるのか。コーチングを受けると何がいいのかについて少しは理解できたでしょうか。

この記事を読んで、コーチングを受けたいけど迷ってる人、コーチングに関する疑問・不安・悩みにお答えする「無料カウンセリング」を用意しています。

またプロコーチのかんたんなコーチングを受けられる「5,500円トライアルキャンペーン」も用意しています。
すごく悩んではいないけど受けけてみたい人は、まずはお試しでコーチングを受けてみるのはいかがでしょうか。

「もやもやしている状態から抜け出したい」という理由だけでOKです。そんな感じでコーチングを受けはじめて、今では定期的にコーチングを利用される方がいらっしゃいます。まずはお気軽にスタートしてみませんか。

「はじめてのコーチング」は無料 or おためしで

パーソナルコーチングは「まだよくわからない。。」、「なんだか難しそうでハードルが高い。。」と思っていませんか?

そんなイメージをなくし、あなたの悩みや疑問に寄り添うための「無料カウンセリング」と「5,500円トライアル」をご用意しました。はじめてのコーチングは、当社・ペイサーにお任せください。

本当に良いコーチに巡り会えないという声。
エグゼクティブの方に応えきれていない問題を、私たちが解決していきます。