Faq

コーチングのコーチはどうやって選べば良いでしょうか?

話したいテーマの領域で経験を積んできた人がいいです

コーチングの資格は民間資格ですので誰でもプロコーチになれます。それだけにコーチのレベルにばらつきが著しく、コーチングを学び途中でスキルアップに付き合わされるコーチのコーチングを受けると「コーチングってこんなもの?」と思うことがあります。
コーチが今までどんな経歴を歩んできたのか。どれくらいコーチングやキャリア開発、人材サービスの知見を提供してきたのかを一定のレベルで見るのがいいでしょう。
悩みや課題、話したいテーマがあればそのテーマに沿った「近い領域」で経験を積んできた人にお願いするのがいいでしょう。プロコーチとしてどれだけそのテーマを扱ったことがあるかを一つの基準に、たとえば、ビジネスや人材開発、組織開発、マネジメント、転職、キャリアのテーマは、その業界・業態に長く携わっている方にお願いしないとコーチとして正しい「問い」は出てきませんのでコーチングの場は深まりません。

お問い合わせ

  • ご不明な点、事前に聞いておきたいこと、ご相談・ご要望がありましたらお問い合わせフォームからどうぞ

  • 法人企業様のお問い合わせはこちらから